ゴールドカードのメリット、デメリット

クレジットカードには、格の違いがあり、通常のカードに対して、より多くのサービスが付与されるゴールドカードなどがあります。 ゴールドカードは、ある程度の利用金額やご自身の収入などにより、発行してもらえるカードですが、必ずしも良いことばかりではありません。デメリットとしては、年会費が高くなってしまうことです。 もちろん、メリットは、たくさんあり、旅行保険の充実や付帯保険の充実、航空ラウンジの無料利用、そして、ご自身のステイタスが上がることが考えられます。 具体的には、年会費が一般のカードが無料から数千円に対して、ゴールド会員になりますと、1万円程度負担しなければならないこともあります。ただし、よくクレジットカードを利用されるような方は、1万円以上のメリットを享受することもできますので、一概にデメリットとは言えません。 信用の証明、ステイタスが得られる そして海外や国内旅行の傷害保険は、一般的なカードよりも手厚くなっており、このメリットがあるが故にゴールドカードを持たれる方も多いようです。そして、空港有料ラウンジの無料利用ができることも嬉しいことです。 通常ならば1000円程度の利用料が必要になりますが、無料で利用できるのです。空港によってはアルコールが無料な場合もありますし、シャワーなどを利用することもできます。そしてステイタスです。 ゴールドカードを持っていることで、ご自身の信用度や収入の高さなどを証明することができます。悪く言えば見栄っ張りということになりますが、ステイタスを求める方が多いのも事実です。